初めてあみぐるみ用レジンアイ(差し目)を自作してみた話

2018年5月16日

こんにちは(*^^*)
conoeum-コノエアム-のコノ恵です。

前回の記事でご紹介したあみぐるみを作るにあたり苦労したのが目でした。
『ガラス玉のような青い瞳』が欲しかったのですが、市販の差し目はなんかイメージと違ったので自分で作ってみることにしました。

差し目をできるだけ手軽に作ろう大作戦

使用した材料

  • イロプラ(クリアカラー)
  • クリアUVレジン(ハードタイプ)
  • ネイルポリッシュ
  • えのぐペン ガラスステイン
  • 虹彩用の差し目(今回は5mmを使用)
  • 粘土で型を取るための差し目(今回は9mmを使用)

というわけで出来るだけ簡単に、安く、が目標です。
材料はほぼ100円ショップで入手可能かと思います。

レジンアイ奮闘記

イロプラはセリアで購入しました。
何色かありましたが、太陽光でレジンを硬化させることを考え、光が通りやすそうなクリアカラーを選択。
熱湯に入れてやわらかくなったイロプラに、作りたいサイズの差し目(今回は9mmクリスタルアイ)を押し付けた状態のまま水に付けて冷やし固めれば型の完成です。

イロプラは伸びにくくすぐにかたまってしまうので、扱いにくいという方も多いそうですが、差し目の型を取る程度なら全く問題なかったです。

虹彩にしたいサイズの差し目(今回は5mmを使用)を塗装しました。
ダイソーの青いネイルを塗って、乾いたらキャンドゥのラメ入りクリア紫を重ね塗りしています。

型にレジン液を入れて、塗装した差し目を入れます。
(ここで型のギリギリまでレジン入れて固めた方がいいです)

セリアのレジンは臭いもあまりないし、気泡も入りにくいように感じました。
UVライトは持ってないので、太陽光の下で放置~。

こちらは失敗バージョン。
レジンを少し少なめにしておいて、固まったらえのぐペンを多めに塗って、レジンを追加して固めてみたのですが……↓↓

残念ながら分離してしまいました。

左側がガラスステイン塗装前。右が塗装後。

レジンの裏に塗ったガラスステインってのはこれー。
ガラスやプラスチック用のアクリル絵の具です。さらっとしてます。
ステンドグラス風のを作ったり、シールを作ったりできるそうな。

ハンズマンの処分品で55円でゲットしたんですが、アマゾンでは約600円、楽天では約5000円というわけのわからない金額。定価はいくらなんだ……。
透明感があってすんごいよかったので他の色も欲しい。
ガラスステインが乾いたらその上から全体にトップコート(ネイルのやつ)を塗って完成!

前回の画像の使いまわしになりますが、こんな感じになりました。
ラメがかわいい~( *´艸`)
差すときに、手芸用ボンドを付けたのでせっかくのガラスステインの透明感が若干失われてしまったのが惜しかったです。

初挑戦にしてはうまく出来たかな~。
初レジン、すっごく楽しかったです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ランキング参加中です(*^^*)
ポチっと応援お願いします♪