ヒトガタあみぐるみの作り方(編み図)

こんにちは(*^^*)
子どもたちがお昼寝中なのでのんびりすごしているconoeum-コノエアム-のコノ恵です。

さて、現在キャラクターあみぐるみを制作中なのですが、フェルティングニードルが届くまで作業が中断することになりましたので、この間に久々の編み図公開をしようと思います。

今回ご紹介するのは、ヒトガタの基本的な編み図です。
私が以下のようなキャラクターのお座りタイプのあみぐるみを作る際にはだいたいこの編み図をベースに作っています。

編み図公開の前に、以下の編み図使用に関してのルールをご確認願います。

  • 編み図(画像)の再配布・販売は禁止します。
  • 編み図を見てご自身で作られた作品には禁止事項はありませんが、
    公開や販売をされる際には『conoeum(コノエアムでも可)』を参考にした旨を記載していただけると嬉しいです。

※これは私用のメモです。
 おかしい部分や理解できない部分があるかもしれませんが、参考程度にしてください。
私も適当に勘で編んでるので質問されても多分わかりません!(笑)


それではまず頭の編み方から。
私は立ち上がり有りの方が好きなので、編み図には記載していませんが、引き抜き編みと立ち上がりの鎖編みを毎回入れています。

肌色一色で編んで、髪の毛を植毛しても良し。
初めから髪の色を編みこんでも良し。


私はこんな感じで髪の色で編み始めて顔の部分だけ肌色に変えることが多いです。
色変えの場所は色々試してみてくださいね~。

目は可愛くなるかどうかの重要ポイントです。
刺繍しても良いですが、差し目を使うのが一番失敗がなくて良いかと思います。

お次は身体。
お尻から編んでいきます。

体形によって太くしたり長くしたりしてくださいね~。
途中でスカートを編みこむ場合は、付けたい部分に合わせた大きさのスカートを用意します。

そして2枚を重ねて体の続きを編んでいけばオッケーです。

お次は手。

ここはいつも細編み4目にしたり、5目にしたり、6目にしたり…まぁ適当です。
指を付ける場合、3段目にピコット編みを入れます。
次の段ではピコットの存在は完全に無視して今まで通り増減なしの細編みをしていきます。
もちろん手の長さもお好みで!

最後は足。

わに細編み6目ではなく、細編み2目、長編み2目、細編み2目がポイントです。
次の段は半目を拾って編みます。
3段目から色を変えればスニーカーなどの靴っぽく。
3段目も靴の色で編めばブーツっぽくなりますね~。

靴の色や靴下の長さ、足の長さを変えるだけでだいぶ雰囲気変わりますよ!

足の位置はこんな感じで付ければ一人でお座りできるかと。

以上で基本の形の説明は終わりです。
いつも本当に適当に編んでるので説明しようがなくて困りました…。す、すみませんっ
少しでも参考になれば嬉しいですー(*^^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ランキング参加中です(*^^*)
ポチっと応援お願いします♪