もぐらグラブ編んでみた

おはようございます(*^^*)
conoeum-コノエアム-のコノ恵です。
寒いですね~!!各地で大雪の可能性も……と朝からニュースで繰り返し伝えられています。
防寒対策をしっかりして乗り切りましょう!!

というわけでですね、この寒波に備え、先週からもぐらグラブを編んでいました!
もぐらグラブの編み方は以下のopal毛糸のサイトで見ることができます。

【Opal毛糸の編み方レシピ 「もぐらグラブ」】

今回使用する糸は以前、腹巻帽子に使用した
カメレオンカメラの色番号22《オリエンタル》です。
あとはダイソーで購入した3号棒針を使用。

\冬物売りつくし《追加》/【677】Chameleon Camera(カメレオン カメラ)[毛(防縮ウール)75%ナイロン25% 合細 95-100g玉巻(約420m) 全13色]毛糸 ピエロ♪編み物/手編み

価格:1,020円
(2018/1/22 09:39時点)
感想(127件)

では編み始め~!


サイト記載の通り、作り目は62目でスタート。
2目表編み、2目裏編みを繰り返す2目ゴム編みで編み進めます。

編み方は難しくないですが、綺麗に編もうとすると難しいです。
編み目が緩くなったりキツくなったり……

やはり初めて編むものにopal毛糸を使う勇気はないですね~。
でもopal糸の方が可愛いのが出来そうだから2作目はopalで挑戦したいです。


後ほど数えなおしたらたぶん54段でした。


もう反省点だらけです((+_+))
段数何回も数えなおしたのになぁ。おかしいなぁ。
編み終わったときに10cm程度糸の柄にズレがありました。
段数が違うことも考えると左側のはだいぶ緩く編んでしまったのかもしれませんね…。
段数は完成後に数えるのではなく、編みながら数えるようにしようと思いました。

長めに残しておいた編み始めと編み終わりの糸ですくいとじをしていきます。
これまたどこの糸をとじればいいのか分かりづらくて難しい……。
開けておいた親指部分にかぎ針で細編み2段編んだら完成!

柄に注目してください。
…。
……。
わざわざ色合わせしたのに表裏が違うやんけ!!!

ほんとなら手の甲が両方この柄になる予定だったのに~~~!
ちゃんと考えて編まないとこうなるんですね(;^ω^)
ま、ハンドメイドらしくていっか( *´艸`)

縦の長さは約15cmと短めにしてみました。
ちなみに横は約7cmです。結構細く見えますが、ゴム編みでかなり伸縮するため、夫の手も入りました。ですが男性にはキツめですので、サイトのレシピ通り男性は66目で編んだ方が良いかと思います。

今回、編み始め前は43gの糸が残っていました。
完成したもぐらグラブが両手分で26g。
残り糸は13gです。
糸が足りるか不安になるので、やはり最初に半分に分けてから編み始めた方がいいかな~と思いました。

もぐらグラブ初挑戦は反省だらけでしたが、なんとか完成して良かったです。
今も付けたままパソコンのキーボードを叩いていますが、暖かくてとてもいい感じです☆
少し指先側が大きく開いていて寒いので、もうちょっと長めにしても良かった気もします。
輪に編む必要がなく、少しの糸でも編むことができるので、また挑戦したいと思います!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ランキング参加中です(*^^*)
ポチっと応援お願いします♪